カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

TOPIK作文講座新体制版1・2

韓国語能力試験新体制に対応したTOPIK作文講座新体制版です。2期分あります。
どちらが先、どちらが難しいということはありません。
全く同じ形式、同じような指導内容です。ただ課題作文が全て違います。
,鮟えてさらに取り組みたい方、△らやってみて余力があれば,發笋襪箸いκ、どちらから先でも結構です。

新体制に対応した問題になっており、中級と高級を統合して1冊にまとめています。3回の添削付です。

韓国語能力試験(TOPIK)は第35回からシステムが改訂され、作文の出題にも大きな変化がみられま した。

中級・高級が統合され、同じ問題を解くことになりました。
よって、中級の方には若干難しく感じられ、反対に高級の方には簡単に感じられると思います。
ただ、3つのタイプに分かれ、それぞれ難易度が違いますので、難しくなったとも優しくなったとも言えません。
 

TOPIK兇虜酳故琉茲任蓮∩管瑤韮澗蝓⊇仟蠅気譴泙后

  <タイプ1> 「文章の中に短い文を2文挿入する問題」2題
  →文脈にそって正しくふさわしい表現を入れなければなりません。

 <タイプ2> 「グラフなど資料を見て200300字にまとめる作文」
  →客観的な分析力と説明する力が要求されます。

 <タイプ3> 「600700字の意見作文」
    →自分の意見を、構成を考えながら展開する力が要求されます。
      (従来の高級の意見作文に近い)

  

・課題の提出方法について

  提出は3回です。提出課題は以下の通り6種類あります。

  <タイプ1> A+B(これは2つでワンセット)

  <タイプ2> C・D・E

  <タイプ3> F・G

この中から、ご自分のレベル、補強したいタイプなどを選んで、回提出してください。

例1  A+B、C、F 

例2  C、D、E

例3  D、F、G


例1のように3つのタイプを散らしても結構ですし、例2のようにタイプ2だけに集中しても結構です。例3のように組み合わせても構いません。

提出は3回ですが、すべてに模範解答を付けますので、自習していただくことで力を付けることができます。

ミレの従来の作文講座とは課題がすべて違います。
(冊子の一部には同じ記述があります)

期限はか月3回の提出で新しい作文課題に対応する力が付きます。

 

TOPIKは作文で差が付きます。

作文力は韓国語力とはまた違う力が必要です

 ・自分の意見を簡潔にまとめる力

 ・グラフを見てその内容を簡潔にまとめる力

これらは韓国語の力とは異なる能力です。

別途鍛えないと力が付きません。

 

前田は21年間中学校の国語教師をしてきました。

中学生の作文指導に力を注いできました。

TOPIK作文でも書き方のコツがあります。

 

 

通信添削は作文によくマッチしています。

実際に自分で作文を書いてみることが大切です。

そして、その作文の添削を受けること。

添削をされて戻ってきた作文をもう一度書き直すこと。

こうして合格できる力がついていきます。

 

ぜひ添削の力をお試しください。

合格作文の書き方が、

身に付きます。

 

最初にすべて一冊にまとまった冊子をお送りします。

ご自分のペースで3回提出してください。

模範解答は全ての課題作文につけますので、

提出課題以外も自習できるようになっています。



TOPIK作文講座新体制版1・2

価格:

16,200円 (税込)

講座:
送付方法:
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ページトップへ